menu
お気に入りに追加

常勤 救命救急

募集科目
勤務地 群馬県群馬県館林市
雇用形態 常勤
年 俸 16,000,000 ~ 22,000,000円

ID: 2412 掲載開始日: 6月 22, 2018 9:19 am

 
給与等:想定年収 1,600万円~2,200万円
勤務時間:平日8:30~17:15
 
*仕事内容
救急センターにてファーストタッチレベルから診察、各診療科へ振り分けをお願いいたします。

館林市を中心に県内では邑楽町、板倉町、明和町、大泉町、千代田町、
県外は佐野市、羽生市などから年間約3000件の救急搬送があります。
現在は内科系、外科系に分かれて救急患者の診療をしていますが、
ゲートキーパーとして初期治療に長けた総合的な救急医師を歓迎します。
各診療科の協力をもとに1次から2次までの救急搬送患者の診療をお願いします。
初診後の後方支援については各科のオンコール体制がしっかりしていますので心配ありません。
地域救急に熱意のある医師を探しています。
看護師はJPTECインストラクター、プロバイダーの資格者が非常に多く22名います。
館林地域メディカルコントロールに所属して地域の救急医療体制に携わるとともに、
救急救命士の教育及び実習についても行っています。

◇ 救急実績(平成26年度)
救急患者数 時間内2,498件 時間外4,754件 1日平均19.9人
救急車来院回数 年間3,055件 1日平均8.4件

<病院のビジョン>
現在は救急科医師がおらず、常勤医師が当番制で救急診療を行っております。
当院のように医師が少ない中での救急当番は、常勤医師にとって過度な負担となることから
救急開始を採用したいと考えています。

欲しい医師像
現在、救急科医師は0名であるので、救急科病棟の開設は、困難かと思われる。(希望があれば救急科主治医として、病棟主治医となっていただくことは構わないが、救急科医1名の場合、不在時の代行体制構築が
他科に依然せざるを得ないため、病棟開設は難しいのではないかと考えている。但し救急科医が複数となれば可能かと思われる)
日中の救急センターでの初療並びに、その都の専門家への引継ぎを行っていただく。また、月に2~3回程度、休日の日直・当直を行っていただきたい。
初診時における検査としては、採血検査、CT、MRI、エコー、緊急内視鏡などが可能であり、その後の処置も必要に応じて行っていただきたいと考えております。

求人詳細情報

募集科目
勤務地この項目は会員登録し、ログインすると表示されます
雇用形態fulltime
報酬-
給与(備考)-
性別性別不問
募集曜日月曜日 / 火曜日 / 水曜日 / 木曜日 / 金曜日
勤務頻度毎週
勤務時間帯終日
必須勤務日(回)数5日
勤務時間(開始)-
勤務時間(終了)-
勤務時間(その他)-
勤務時間の調整-
休日週休2日制 土曜日、日曜日、祝祭日
休暇(有給休暇)初年度15日、次年度以降20日
休み申請-
通勤交通費-
車通勤-
各種保険健康保険 / 厚生年金 / 労災保険 / 雇用保険 / 病院賠償責任保険
勤務条件時短勤務の相談可 / 役職相談可 / インセンティブ制度あり / 年俸1800万円以上可
仕事内容救急センターにてファーストタッチレベルから診察、各診療科へ振り分けをお願いいたします。 館林市を中心に県内では邑楽町、板倉町、明和町、大泉町、千代田町、 県外は佐野市、羽生市などから年間約3000件の救急搬送があります。 現在は内科系、外科系に分かれて救急患者の診療をしていますが、 ゲートキーパーとして初期治療に長けた総合的な救急医師を歓迎します。 各診療科の協力をもとに1次から2次までの救急搬送患者の診療をお願いします。 初診後の後方支援については各科のオンコール体制がしっかりしていますので心配ありません。 地域救急に熱意のある医師を探しています。 看護師はJPTECインストラクター、プロバイダーの資格者が非常に多く22名います。 館林地域メディカルコントロールに所属して地域の救急医療体制に携わるとともに、 救急救命士の教育及び実習についても行っています。 ◇ 救急実績(平成26年度) 救急患者数 時間内2,498件 時間外4,754件 1日平均19.9人 救急車来院回数 年間3,055件 1日平均8.4件 <病院のビジョン> 現在は救急科医師がおらず、常勤医師が当番制で救急診療を行っております。 当院のように医師が少ない中での救急当番は、常勤医師にとって過度な負担となることから 救急開始を採用したいと考えています。 欲しい医師像 現在、救急科医師は0名であるので、救急科病棟の開設は、困難かと思われる。(希望があれば救急科主治医として、病棟主治医となっていただくことは構わないが、救急科医1名の場合、不在時の代行体制構築が 他科に依然せざるを得ないため、病棟開設は難しいのではないかと考えている。但し救急科医が複数となれば可能かと思われる) 日中の救急センターでの初療並びに、その都の専門家への引継ぎを行っていただく。また、月に2~3回程度、休日の日直・当直を行っていただきたい。 初診時における検査としては、採血検査、CT、MRI、エコー、緊急内視鏡などが可能であり、その後の処置も必要に応じて行っていただきたいと考えております。
設備・機材電子カルテ / オーダリング / 64列以上CT / 1.5T以上MRI
その他育児に対する理解あり / 女性医師歓迎
認定施設等国公立/公的病院 / 常勤麻酔科医師が在籍
勤務先施設名この項目は会員登録し、ログインすると表示されます
交通この項目は会員登録し、ログインすると表示されます
募集背景現在は常勤・非常勤医師が当番制で対応しています。
募集科目の常勤医師数-
募集科目の非常勤医師数-
募集人数2~3
必要経験年数5年以上~40代半ばまで
必要資格救急科専門医
転科受入-
勤務開始時期-
勤務終了時期-
勤務期間-
求人概要救急対応
外来診察有り
外来診療 受診者数日勤帯 約10人/日
外来診療 主な症例-
専門外来応相談
病棟管理 担当病床数-
病棟管理 主な症例-
検査-
訪問診療-
訪問診療 訪問先・件数-
訪問診療 主な症例-
訪問診療 看護師同行-
訪問診療 ドライバー同行-
訪問診療 ファーストコール対応-
救急対応有り
求人担当者この項目は会員登録し、ログインすると表示されます
担当者役職この項目は会員登録し、ログインすると表示されます
担当者電話番号この項目は会員登録し、ログインすると表示されます
担当者メールアドレスこの項目は会員登録し、ログインすると表示されます
備考欄この項目は会員登録し、ログインすると表示されます

医療機関情報

会員登録し、ログインすると表示されます。
(情報登録がある場合)